太陽光発電 停電時

太陽光発電の停電時について

太陽光発電の補助金について紹介します。

太陽光発電は、自宅の屋根で発電しているので停電とは無関係と考えられる方もきっと少なくはないはずです。

しかし通常時は連携運転モードになっており、電力会社から供給された電気を使って太陽光発電のシステムが制御されています。

このため、停電になると太陽光発電システムへの電力供給が停止するので、太陽光発電も稼働しなくなってしまうのです。

太陽の光がサンサンと降り注いでいるのに、発電しないなんて、電気が使えないなんて、もったいない話ですよね。

そこで、停電になったときには、連携運転モードから自立運転モードへと切り替えを行う必要があります。

モードの切り替えを行うことで、電力の自給自足が出来るようになります。

停電状態から電力が復旧した時に、連携運転モードに切り替える事で、再び発電して余った電気を電力会社へと売ることができるようになります。

太陽光発電はメーカー選びよりも設置する業者選びが大切

太陽光発電はメーカー選びよりも設置する業者選びが大切です。

下請けに丸投げで手抜き工事されるリスク

屋根に関する知識不足の雨漏り

メーカー指定工法でない場合は保証が付かない

■.良くあるトラブルを未然に防ぐには

販売から施工まで一括してやっている業者

実際に屋根を見て見積もりを提示

自宅の屋根に最適のメーカーと工法を提案できる業者

強引な営業する業者は避ける事

複数の業者から見積もりを取る事

最低でも上記の事は確認してください

無理なパネルの枚数や顧客の予算の都合を考えない提案、設置が危険な屋根でも勧める業者もいるので、複数の業者に見積もりしてから、設置するかどうか決めたほうが良いと思います。

施工料金が安くてもトラブルが多くては意味がありません。見積もりに来た担当者もしくは営業の方と約束した事は必ず書面にしてもらう事も失敗しない業者選びのコツです。

太陽光発電設置業者